亀有眼科について

image 亀有といえば、アリオですよね。地域住民の生活を楽しく豊かにする 次世代型のタウンコミュニティ、アリオ。 このアリオの中にある大島眼科がオススメです。 午前中は10:30〜12:30、そして午後は14:00〜19:00まで診療している アリオ亀有の眼科です。アリオ亀有アリオモールの休館日と年末年始 以外は、休診日がないそうです。 また、自家用車での来院も大丈夫で、アリオ亀有の駐車場と駐車サービスが利用できます。
亀有の眼科もたくさんありますが、大島眼科は、丁寧な案内を特徴とし、 診察時も難しい用語を使わず、だれにでもわかりやすい診療を心がけています。 近年では、子供の内から近視や乱視、アレルギーなどによる結膜炎なども増えてきて おり、目に関する脅威は大人だけのものではなくなってきています。 そんなとき、親子で安心して通える眼科、アリオ大島眼科は安心感を与えてくれます。


スポンサードリンク



亀有眼科:大島眼科

診察内容は、眼科・小児眼科一般はもちろんのこと、 白内障・緑内障・糖尿病網膜症・アレルギー性結膜炎(花粉症)・アトピー性結膜炎・結膜炎・麦粒腫・ 円錐角膜・網膜はく離・ぶどう膜炎・老視・調整緊張炎・眼精疲労・メガネやコンタクトレンズの 処方など多岐に渡っています。 また、ハンフリーと呼ばれる緑内障の検査機器、眼底出血の詳細な検査ができる眼底カメラ、 眼球に触れることなく緑内障や高眼圧症の検査のできる眼圧計など、いろいろな最新設備も 充実してりるところがいいですね。 そして、院内は完全なバリアフリーになっているので、車椅子やご年配の方、 身体に不自由のある方でも安心して通院することが出来ます。 現代生活では、テレビ、パソコンと目が休む暇がない日々が続きます。 そんな疲れ気味の目なので、目の病気はいつ襲ってくるかわかりません。 そんなとき、安心して通院できる眼科を知っているのと知らないのとでは大きな差が生まれます。

アリオ亀有について

アリオ亀有は、東京都葛飾区亀有三丁目にある複合商業施設である。イトーヨーカ堂が新業態「アリオ」として運営する大型ショッピングセンターであり、アリオとしては4店舗目となる。 日本板紙亀有工場の跡地に、2006年3月3日に開店。亀有駅徒歩5分、環七通り沿いの交通に恵まれた立地。ショッピングセンター内にはイトーヨーカドー亀有店をメインに、シネマコンプレックス「MOVIX亀有」(10スクリーン)、ファッション、レストランなど122の専門店が入居。総延べ床面積は137,829m2、駐車場は2000台。ショッピングセンターとして東京23区内有数の規模となる。すぐ後ろには、双日が開発したマンション「ザ・レジデンス東京イースト」がある。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、「週刊少年ジャンプ」で1976年42号から 連載中の秋本治による漫画作品。主に「こち亀(こちかめ)」の愛称で親しまれている。 単行本は2008年6月現在160巻まで発刊中。 警視庁新葛飾警察署の亀有公園前派出所に勤務する中年の警察官・両津 勘吉(りょうつ かんきち)巡査長 (通称:両さん)と、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。 子供から大人まで幅広い層から支持を得ている。

スポンサードリンク


亀有眼科なら