格差婚・年の差婚

清水國明にみる年の差婚

清水國明にみる年の差婚


結婚にもいろいろあります。

裕福な男女同士の結婚、セレブ婚

入籍をしない事実婚、フランス婚


そして、

結婚した夫と妻の年齢が20歳以上離れている場合は、

年の差婚というそうです。


その引き合いに出される芸能人が、清水國明。

とても味のある人ですね。心の厚い人です。

1950年10月15日生まれで、福井県出身の国際A級ロードレースライダー・

タレント・歌手・作家・冒険家。


なんと、おねえさんは(橋本真由美)、ブックオフコーポレーションの

取締役会長なんです。


1973年に、原田伸郎とのコンビで「あのねのね」として、

「赤とんぼの唄」でデビュー。大ヒットを記録した。

「あのねのね」結成当初は4人編成って知ってました?

残る2人は笑福亭鶴瓶とその妻(清水クーコ)。


さてさて、本題の年の差婚は、

2007年1月、劇団員から自身の会社の役員となっていた

永田啓子(23歳年下)と三度目の結婚。23歳の違いです。

 


清水國明が3度目の結婚を明かす 
( 2007年11月05日 09時00分)
 
タレントの清水國明がレギュラー出演するTBS系『噂の! 東京マガジン』の
放送中に3度目となる結婚をすることを明らかにした。

清水は76年にタレントの清水クーコさん(故人)と結婚し、
おしどり夫婦として知られたが82年に離婚した。
また84年には一般人女性と再婚し、その後三人の娘に恵まれたが
再び離婚している。

アウトドアライフのネットワーク「自然暮らしの会」代表や、
NPO法人「河口湖自然樂校」理事を務める清水は、
現在アウトドア愛好家として幅広く活躍中。結婚式は12月1日に
自身と縁深い河口湖で行われるという。
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/49386/

 


格差婚とは

格差婚とは

以前のブログで、結婚にもいろいろな種類が

あると紹介していました。

裕福な男女同士の結婚、セレブ婚

入籍をしない事実婚、フランス婚
 
清水國明にみる年の差婚

そして、まだ、記憶に新しい、格差婚。


格差婚とは、二人の収入や家柄、名声などに

格差がある結婚のことをいいますが、そもそもは
 
2007年の藤原紀香と陣内智則の結婚で使われた言葉ですね。


大半の人は、この格差婚どうなるのかなと思っていたのではないでしょうか?

そして、やっぱり‥‥ という結末だったのではないでしょうか?

となると、収入や家柄はそれなりに、ですかね。


でも、うまくいっているカップルもあるようです。

たとえば、

田中美佐子と深沢邦之の女優&芸人カップル。

1995年11月、付き人であった深沢邦之(Take2)と結婚。
2002年12月、女児を出産。 深沢と結婚を決めた理由は

初めてプロポーズしてくれたのが、深沢だったから。

そんなものなんですね。

深沢の当時の収入は月収約10万で、田中美佐子は年収1億円とも
言われていたため、「収入格差100倍婚」とまで言われるほど
だったとのこと。

ちなみに、

深沢さん本人も、
「趣味はカミさんで特技は子供。」

らしいです。


まあ、一番大事なことは、自分のこころです。

本当に、こころから好き という気持ちがあれば、

収入や家柄なんて、本当は関係ないと思うのですが‥。


田中 美佐子(本名・深沢 美佐子、旧姓・田中 1959年11月11日 - )は、
島根県知夫郡(現・隠岐郡)西ノ島町出身の女優。身長・163cm。
東洋女子短期大学英語英文科卒業。佐藤企画所属。


深沢邦之(1966年9月15日 - )は、東京都練馬区出身のタレント、
お笑いタレント。お笑いコンビ・Take2のツッコミ担当。
城北高校、明治大学商学部産業経営学科卒業。身長170cm。



Page: 1

TOPPAGE  TOP